フードテック

【日本の主食のアップデートに挑む】BASE FOOD(ベースフード)社ってどんな会社?

突然ですが、ベースブレッド(BASE BREAD)て食べたことありますか?

26種のビタミンやミネラル、 たんぱく質、 食物繊維など、からだに必要な栄養素が 詰まった食品です。

 

この商品は、2016年に創業した日本のスタートアップ BASE FOOD(ベースフード)社の商品です。

なぜこのような商品を開発したのでしょうか。

今回は、BASE FOOD(ベースフード)社を取り上げます。

 

BASE FOOD(ベースフード)社の概要

BASE FOOD(ベースフード)社は2016年4月5日創業の東京の会社です。

CEOは橋本 舜氏。

橋本氏は1988年大阪府生まれで、2012年東京大学卒業後DeNA入社。その4年後の2016年にベースフードを設立指定しています。

2021年2月4日現在で未上場。

資本金は2億9,849万円です。

 

2017年に完全栄養主食「BASE PASTA」を発売。

BASE PASTAのはじまりはクラウドファンディング。

最初に販売したAmazonで食品部門で1位を獲得するなど、当初から話題沸騰でした。

 

 

BASE FOOD(ベースフード)社のミッション

BASE FOOD(ベースフード)社」のミッションは「健康をあたりまえにする」。

世の中で最も食べられているものを使い、健康を気にしなくてよい生活にしようと取り組まれています。

また、ベースフード社CEO 橋本舜さんが語るビジョンは、「主食をイノベーションし、健康をあたりまえに」

https://www.businessinsider.jp/post-221847

壮大なビジョンを掲げられています。

 

BASE FOOD(ベースフード)社の主力商品

ベースフード社の主力商品は「BASE PASTA」と「BASE BREAD」です。

BASE PASTA(ベースパスタ)

 

26種のビタミン・ミネラル、たんぱく質、食物繊維など、1日に必要とされる栄養素を麺に練り込んだ商品です。

普通の麺と同じように使えます。

主原料は小麦全粒粉。全粒粉では足りない栄養素を、チアシードや昆布などの栄養価の高い食材を加えてつくられています。

 

BASE PASTA(ベースパスタ)のお味は?

「ベースパスタ おいしい」でGoog;e検索した結果 → 14,900,000件

「ベースパスタ まずい」でGoogle検索した結果 → 306,000件 ということで、「ベースパスタ おいしい」のページが多いことがわかりました。

普通のパスタのほうがおいしいとか、まずいなどいろいろ声はありますので、実際に食べてみるのが一番ですね。

Twitterではこのような声がありました。

みなさん、ソースなどを工夫して楽しんでおられるようですね。

 

 

BASE BREAD(ベースブレッド)

「BASE BREAD」は「BASE PASTA」の2年後の発売された商品。

「BASE BREAD」と同じように、26種のビタミン・ミネラル、たんぱく質、食物繊維など、1日に必要とされる栄養素をギュっと詰め込んだパンです。

主原料は小麦全粒粉。全粒粉では足りない栄養素を、チアシードや昆布などの栄養価の高い食材を加えてつくられています。

 

BASE BREAD(ベースブレッド)のお味は?

「ベースブレッド おいしい」でGoog;e検索した結果 → 1,260,000件

「ベースブレッド まずい」でGoogle検索した結果 → 257,000件 ということで、「ベースブレッド おいしい」のページが多いことがわかりました。

こちらも人によっておいしい・まずいなど声があるようですので、実際に食べてみるのが一番ですね。

Twitterではこのような声がありました。

こちらも主食のパンとしてみなさん食べてらっしゃいますね。

 

BASE FOOD(ベースフード)社の業績は?

非上場のため、開示されていません。

 

まとめ

「主食をイノベーションし、健康をあたりまえに」という壮大なミッションに挑むベースフード社。

日本のフードテックベンチャー企業としてこれからも頑張ってほしいです。

 

-フードテック

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5