フードテック

【フードテック大手】BEYOND MEAT(ビヨンド・ミート)社ってどんな会社?

みなさん、ビヨンド・ミート社って知ってますか?

2019年に代替肉企業で世界初の上場(NASDAQ)を果たした企業です。

2009年創業のスタートアップです。

えんどう豆などを主原料として、ハンバーガー向けビーフパティーやソーセージ、フライドチキンをはじめとする100%植物性のプラントベーストミート(フェイクミート)を開発しています。

この記事では、そんなビヨンド・ミート社の2019年12月期の年次報告書(フォーム10-K)から、どのようなビジネスを行っているのか見ていきたいと思います。

 

ビジネスの概要

ビヨンド・ミート社は、デラウェア州の法人で、植物から直接肉を製造しています。

主力製品はビヨンドバーガー。

 

ビヨンドバーガーは、米国の食料品店のミートケースで販売されている世界初の100%植物由来のバーガーです。

また、ビヨンドソーセージ、ビヨンドビーフ、ビヨンドブレックファストソーセージ、ビヨンドビーフクラムルズ、ビヨンドフライドチキン、ビヨンドミートボールなど、その他の植物性食肉製品も販売しており、これらは現在、特定のクイックサービスレストラン(「QSR」)パートナーに販売されています。

ビヨンド・ミート社の製品はすべて抗生物質フリー、ホルモンフリー、GMOフリーで、コーシャとハラールの認証を受けており、ビヨンド・フライド・チキンとビヨンド・ミートボール以外の製品はすべてグルテンフリーです。

2019年12月31日現在、当社の製品は、65カ国以上の約77,000店の小売店やレストラン、フードサービス店で、主流の食料品店、量販店、クラブ、コンビニエンスストア、自然派小売店のチャネル、消費者への直接販売、レストラン、フードサービス店、学校などのさまざまな家庭用食品のチャネルで販売されています。

 

業績の概要

ビヨンド・ミート社の業績は以下の通り。

純収入

純収益は2018年の8,790万ドル、2017年の3,260万ドルから2019年には2億9,790万ドルに増加し、年平均202%の成長率を表しています。

ビヨンドバーガーは、2019年、2018年、2017年の当社の総売上高の約64%、70%、48%を占めています。

2019年のビヨンドバーガー、ビヨンドソーセージの全フレーバー、ビヨンドビーフ、ビヨンドビーフクランブルの総売上高は、2018年がそれぞれ約70%、12%、0%、9%であったのに対し、2019年はそれぞれ約64%、23%、8%、5%となっています。

 

純利益

創業以来の損失を出しています。

2019年、2018年、2017年の純損失はそれぞれ1,240万ドル、2,990万ドル、3,040万ドルでした。

今後も、イノベーション、サプライチェーン能力、製造業、マーケティングの取り組みに投資していく予定です。

 

製品開発

マンハッタンビーチのプロジェクト・イノベーション・センターは、ビヨンド・ミート社の科学者とエンジニアが、動物性食肉の感覚を再現するための製品を継続的に改良しています

イノベーションへの投資を通じて、Beyond Beef、Beyond Breakfast Sausage、Beyond Fried Chicken、Beyond Meatballなどの新製品を含むポートフォリオを成長させてきました。

2019年には、フラッグシップ商品であるビヨンドバーガーの新バージョンも発表し、より肉質的な味と食感を目指して設計されています。

各製品は、動物性タンパク質に相当する味と感覚を忠実に再現するだけでなく、植物性肉の栄養面や環境面でのメリットを提供できるように設計されています。

 

どのように製品をつくるのか

まず、関連する動物性食肉の組成とデザインを分子・構造レベルで分析します。

動物性肉を構成する水以外の主成分は、アミノ酸、脂質、炭水化物、微量ミネラルであり、これらは動物に限ったものではなく、植物にも豊富に含まれています。

動物性肉の筋肉を構成するタンパク質を構成するアミノ酸は、植物から摂取することができます。

主にイエローエンドウをはじめ、緑豆、空豆、玄米などの植物原料から抽出したたんぱく質を物理的なプロセスでたんぱく質と繊維質を分離。

その後、加熱、冷却、圧力を急に変化させながら、タンパク質を繊維状に織り上げ、タンパク質を織り上げます。

その後、水、脂質、炭水化物、香料、着色料、微量ミネラル、ビタミン類などを加えて、タンパク質を繊維状にします。

 

ビヨンド・ミート社の強み

イノベーションへのこだわり

植物性食肉を開発するために、イノベーションに多大な資源を投資しています。

2019年12月31日現在、約104名の科学者、エンジニア、研究者、技術者、シェフで構成されるビヨンド・ミートのイノベーションチームは、既存の製品の継続的な改善だけでなく、いくつかのユニークな植物性食肉のブレイクスルーを実現しています。

ビヨンド・ミートは、植物ベースの牛肉、豚肉、鶏肉のプラットフォーム全体で味、食感、香り、外観について学んだことを活用し、この知識をビヨンド・ミートの各製品提供に適用することができます。

マンハッタンビーチのプロジェクト・イノベーション・センターには、開発中の製品の強力なパイプラインがあり、研究をベンチトップから規模の大きい生産へとより迅速に移行することができます。

ビヨンド・ミートの知識と専門知識が深まるにつれ、イノベーションのペースが加速し、新製品の発売までの時間を短縮することができます。

 

消費者動向に合わせたブランド構築

ビヨンド・ミートのブランドは、おいしくて、栄養価が高く、便利で、高タンパクの植物性食品に対する消費者の関心の高まりを利用するために、他に類を見ない立場にあると考えています。

また、人間の健康、気候変動、資源保護、動物福祉など、動物性タンパク質に関連した主要な問題に対する世間の意識が高まっていることにも注目しています。

ビヨンド・ミートは、幅広い人口層にアピールし、情熱的な消費者ベースを持つ強力なブランドを構築してきました。

ビヨンド・ミートのブランド認知度は、強力なソーシャルマーケティングによって推進されています。ビヨンド・ミートのオーディエンスは、ビヨンド・ミートのミッションに共感する著名人、インフルエンサー、ブランドアンバサダーの大規模なフォローによって生み出された注目度から成長を続けています。

 

製品ポートフォリオがチャネルを超えて大きな需要を生み出す

小売店とレストランやフードサービスのパートナー企業の両方からのビヨンド・ミート製品の売上が急速に伸びていることから、比較的短期間で強固な関係を築くことができました。

ビヨンド・ミートは、革新的な技術革新が滅多に起こらない食肉ケースの中で、小売店の皆様に刺激的な新製品を提供しています。

ビヨンド・ミートの小売店のお客様の多くは、当社製品の販売速度の向上を経験しており、これは店舗ごとの月間販売数やリピート購入数で測定されます。

ビヨンド・ミートのレストランや外食産業のお客様は、Beyond Meatとの提携によりメニューを差別化し、新規顧客を獲得する機会に興奮しており、テレビ、ラジオ、アウトオブホーム、デジタルチャンネルなどのマスメディア広告キャンペーンを通じた当社製品の更なるプロモーションのための新たな方法を模索しています。

ビヨンド・ミートのお客様がBeyond Meatを取り上げていただいたことは、ビヨンド・ミートのブランドのマーケティング力と消費者の当社製品に対する興奮を示していると確信しています。

このようなビヨンド・ミート製品への需要は、ビヨンド・ミートのブランドがビジネスに与えるインパクトに感銘を受け続けているお客様との強い絆を築く原動力となっています。

 

経験豊富で情熱的な経営陣

ビヨンド・ミートは、実績と経験のある経営陣に率いられています。

ビヨンド・ミートの社長兼最高経営責任者であるイーサン・ブラウンは、ビヨンド・ミートを設立する前、クリーンエネルギー業界で10年以上を過ごし、水素燃料電池のリーダーであるバラード・パワー・システムズ社に勤務していました。

ブラウン氏は、クリーンテック分野での豊富な経験と畜産業への自然な理解が相まって、植物をベースとした食品会社を設立しました。

ビヨンド・ミートの経営陣は、イノベーション、顧客満足度、成長にコミットする文化を浸透させることで、Beyond Meatの成功に不可欠な役割を果たしています。

時を経て、ビヨンド・ミートの経営陣は、業界での豊富な経験を持ち、ビヨンド・ミートのコアバリューを共有する厳選された人材によって成長してきました。

ビヨンド・ミートの経営陣の他のメンバーは、消費者向けパッケージ商品会社と高成長企業の両方で平均21年の業界経験を持っています。

 

まとめ

ということで、2019年12月期の年次報告書(フォーム10-K)から、ビヨンド・ミート社がどのようなビジネスを行っているのか見ていきました。

今後の製品開発及び市場へのアプローチ・浸透が大事になってきますし、競争も激しくなることが予想されます。

また、植物原料から抽出したたんぱく質が必要になるので、いかに原材料を安定して確保してくかも重要です。

そのようなビジネス環境の中で、いかに確固たるポジションを確立していくのかが課題になりそうです。

 

-フードテック

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5