フードテック

【Googleやビル・ゲイツも出資】Impposible Foods(インポッシブル・フーズ)ってどんな会社?

2019年5月にこんな記事が出ていました。

人工肉「Impossible Foods」が3億ドルを調達ーー肉汁滴る植物由来のハンバーガー、ビルゲイツなど多数のセレブたちも支援

記事の概要をざっくりまとめると、

▶動物肉を使わず植物由来の人工肉を開発するバイオテックスタートアップ「Impossible Foods」が3億ドルの資金調達。

▶Khosla Ventures、Google Ventures、Horizons Ventures、UBS, Viking Global Investors、Temasek Sailing Capital、Philanthropy Projectらが出資

▶ビル・ゲイツ氏が参加しているほか、Jay-ZやWill.i.am、Jaden Smith、Katy Perry、Met Gala、Serena Williams、Kirk Cousins, Paul Georgeなどのセレブリティーも名を連ねている

 

ということで、このImpossible Foodsがどんな会社なのか調べてみました。

 

Impossible Foodsってどんな会社?

Impossible Foods社の概要

ミッション

「生物多様性を回復し、世界の食糧システムを変革することで気候変動の影響を軽減すること」をミッションとして掲げています。

 

設立経緯

インポッシブル・フーズは2011年、スタンフォード大学名誉教授のパトリック・ブラウン氏が創業した企業です。

ブラウン氏は2009年のサバティカル期間中に、気候変動という喫緊の問題に取り組むために、キャリアの方向性を転換することを決意しました。

特に彼は、動物の肉や魚、乳製品よりも二酸化炭素排出量の少ない植物を原料とした肉や魚、乳製品を作ることで、世界の食糧システムを持続可能なものにしたいと考えていました。

ブラウン氏は一流の科学者のチームを集めて、肉を分子レベルで分析し、肉の匂い、扱い方、調理方法、味の理由を正確に特定しました。

一緒に、植物を使って肉、乳製品、魚の感覚的な体験全体を再現するための独自の研究と技術の世界クラスのアーカイブを開発しました。

2016年に最初の製品であるImpossible Burgerをデビューさせ、世界中で追加の肉、魚、乳製品の商品化を計画しています。

 

バックグラウンド

設立日:2011年7月16日

従業員数:600

本社:米国カリフォルニア州レッドウッド市 米国カリフォルニア州レッドウッドシティ

市場:米国、カナダ、香港、マカオ、シンガポール

 

運営状況

インポッシブル・フーズ社初の大規模な食品製造拠点は、カリフォルニア州オークランドにあります。

2019年7月には、OSIとの共同製造提携を発表し、受賞歴のあるインポッシブル・バーガー(Impossible Burger)の製造能力を追加で提供しています。

 

Impossible Foods社の製品

インポッシブル・バーガー(Impossible Burger)

 

概要

インポッシブル・バーガーは主力製品。牛の挽肉のような匂い、手触り、調理方法、味が特徴です。

インポッシブル・バーガーはアメリカ、香港、シンガポール、マカオのレストランで販売されています。

インポッシブルバーガーは、牛挽き肉と同じくらいの鉄分とタンパク質を含んでいますが、コレステロール0mg、総脂肪14g、240カロリーです。

(従来の牛挽き肉の80/20パティは、コレステロール80mg、総脂肪23g、290カロリーです)。

インポッシブルバーガーは動物ホルモンや抗生物質を一切使用せず、コーシャ、ハラル、グルテンフリーの認証を受けています。

植物から作られているので、牛から作られた牛肉に比べて、土地の使用量が96%、水の使用量が87%、温室効果ガスの排出量が89%も少なくなっています。

 

原材料の詳細

水、大豆たん白濃縮物、ココナッツオイル、ヒマワリ油、天然香料、2%以下の含有量 ポテトプロテイン、メチルセルロース、酵母エキス、培養ブドウ糖、食品添加澱粉、大豆レジオモグロビン、食塩、混合トコフェロール(酸化防止剤)、大豆たん白、ビタミン・ミネラル(グルコン酸亜鉛、塩酸チアミン(ビタミンB1)、ナイアシン、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、リボフラビン(ビタミンB2)、ビタミンB12)。

 

インポッシブル・ソーセージ(Impossible Sausage)

概要

 

2020年1月に発売。

植物由来の味付け済みの製品で、動物由来のソーセージを使用したレシピや料理にも使用できます。

ポークソーセージのトップブランドと比較して、タンパク質は同じ量、鉄分は60%、カロリーは45%、総脂肪は60%、飽和脂肪は50%、コレステロールは0mgとなっています。

インポッシブル・ソーセージは動物性ソーセージのようなマイナスの影響は一切なく、抗生物質やと畜場の汚染物質も使用していません。

この賞を受賞した朝食用パティは2020年にアメリカでデビューし、瞬く間に全国20,000店舗以上で販売されるようになりました。

 

原材料

Impossible Sausageは大豆プロテイン、ココナッツオイル、ヒマワリ油、ヘムを使用しています。

Impossible Burgerとは異なり、ポテトプロテインを使用していません。

 

インポッシブル・ポーク(Impossible Pork)

 

概要

2020年1月に発表。

コーシャ、ハラル、グルテンフリーで調理できる、栄養価の高い植物性豚肉。

Impossible Porkは、春巻き、野菜の詰め物、餃子、ワンタン、ソーセージリンクなど、どんな豚ひき肉料理でも美味しく食べられます。

豚のひき肉のように、香ばしくないのが特徴です。

グルテン、動物ホルモン、抗生物質は一切使用していません。タンパク質16g、鉄分3mg、コレステロール0mg、総脂肪13g、飽和脂肪7g、4オンスで220カロリーです。

(従来の70/30ポークは4オンスでタンパク質17g、鉄分1mg、コレステロール86mg、総脂肪32g、飽和脂肪11g、350カロリー)

 

原材料

インポッシブルポークは大豆プロテイン、ココナッツオイル、ヒマワリ油、鉄分(大豆の根に含まれる大豆レグヘモグロビンが原料)を使用しています。

Impossible Burgerとは異なり、Impossible Porkにはポテトプロテインは含まれていません。

 

 

まとめ

まだ日本には上陸していないインポッシブル・フーズ社ですが、これからの発展が楽しみな会社です。

 

あわせて読みたい

【フードテック大手】BEYOND MEAT(ビヨンド・ミート)社ってどんな会社?

 

 

-フードテック

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5