考え方

100万人に1人の人材になる方法【結論:3つの分野で「100人に1人」になろう】

AI、IoT、自動運転などテクノロジーの進化が著しいこの時代において、貴重な人材になることはとても重要ですよね。

企業側も大量に人を雇っている余裕がなくなりつつあり、黒字でもリストラをしています。

参考記事:https://the-owner.jp/archives/4369

リストラされない人材になるためには、稀少性のある人材になることが大切。

そのため、この記事では「100万人に1人の人材になる方法」について考えてみます。

 

結論

結論からいいますと、

3つの分野で100人に1人の人材になること

これです。

 

3つの分野で100人に1人の人材になれば、

1/100 × 1/100 × 1/100  = 1/1,000,000 となり、100万人に1人の人材になれます。

 

どうやって、3つの分野で100人に1人の人材になればいいのか

では、どうやって「3つの分野で100人に1人の人材になればいい」のでしょうか。

 

その前に、まず、1つの分野で100人に1人の人材になることを考えてみましょう。

 

これは、「1万時間の法則」がカギです。

「1万時間の法則」とは、自分がプロになる分野をひとつ決め、その分野に1万時間を投じてスキルや技術を磨くことを言います。

1万時間あれば、好き・嫌いも得意・不得意も関係なく、必ずプロレベルに達することができます。

 

1日8時間時間をかけたとすると、1万時間÷8時間=1,250日 です。

1年間の平日はおよそ250日ですので、1,250日÷250日 = 5年

 

結論、ある仕事を5年すると、100人に1人の人材になれます。

 

これを3つ作れると、「3つの分野で100人に1人の人材になれる」ということです。

 

戦略的にキャリアを積み上げることの重要性

ここで注意したいのは、1つの分野で100万人に1人の人材になるのは非常に難しいということです。

100万人に1人というと、日本に130人ぐらいしかいないことになります。

(日本の人口 約1億3000万人 ÷ 100万人 = 約130人)

 

3大国家資格と言われる、医者・弁護士・会計士でさえ、それぞれ万単位でいますからね。

◆医者:32万7,210人(平成30年12月31日現在) https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/18/dl/gaikyo.pdf

◆弁護士:4万2,164人(2020年) https://www.nichibenren.or.jp/library/pdf/document/statistics/2020/1-1-1.pdf

◆会計士:3万2,478人(2021年3月) https://jicpa.or.jp/about/0-0-0-0-20210331.pdf

 

100万人に1人がいかに難しいかがわかるかと思います。

 

このことから、導き出されるのは

「同じ仕事を何十年もやり続けることはよくない」

ということ。

 

戦略的に自分のキャリアを考える必要があるのです。

 

どの分野で100人に1人の人材になればいいのか?

基本的にはどの分野でもよいですが、「なかなか見つからない!」という方はエンジニアを入れてみるのはどうでしょうか

 

なぜならば、テクノロジーが日進月歩で進化する事態において、エンジニアの需要はどんどん増しているからです。

平成31年4月に経済産業省から工場された資料「IT人材供給に関する調査」では、IT人材は2025年に36万人・2030年に45万人不足するといわれています。

では、どのようにすればエンジニアになれるのでしょうか。

 

私は以下の2つのスクールをお勧めします。

①プログラミングスクールSkillHacks

SkillHacks(スキルハックス) は、Webアプリケーション開発を学べるオンラインプログラミングスクールです。

動画でプログラミングを教えているため、場所や時間にとらわれず学ぶことができます。

 

こんな方におすすめです。

・エンジニアを目指す第一歩を踏み出したい。

・プログラミングに興味があるが何から学んでいいかわからない

・Webアプリケーション開発をやってみたい

・以前プログラミングに挫折した

・手頃な価格でメンターをつけたい

 

気になる方はこちらからどうぞ。

業界最安値のプログラミングスクール|SkillHacks(スキルハックス)

②CodeCampGATE

CodeCampとは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールを運営している CodeCampが運営するサービスで、

未経験から最前線で活躍するエンジニアを目指します。 基礎学習を2ヶ月、実践開発を2ヶ月で即戦力を目指す計4ヶ月のコースです。

こちらもオンライン学習のため日本全国どこからでも、エンジニアの転職が目指せます。

Web系のエンジニアとして活躍することを目指す方におすすめです。

気になる方はこちらからどうぞ。

プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

-考え方

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5