仮想通貨(暗号資産)

【2022年1月分】仮想通貨(暗号資産)レンディング実績報告【HashHubレンディング利用】

仮想通貨(暗号資産)レンディング実績報告

DeFiの1つであるレンディング(=仮想通貨の貸出)をやってみて9カ月がたちました。

実績が出ましたので、ご報告したいと思います。

 

私はHashHubレンディングというサービスを使っています。

https://www.hashhub-lending.com/

 

DeFiって何?という方はこちらの記事をご覧ください。

【仮想通貨を使った金融】DeFi(ディファイ)を解説します【知らないと将来損します】

 

実績(単月)

<ビットコイン>

預入:1.11761979ビットコイン(2022/1/1に追加で0.6ビットコイン預け入れました)

利息:0.00455331ビットコイン(円換算:20,178円)

利息/預入資産×12 = 4.9%

 

<イーサリアム>

預入:7.22669326イーサ(2022/1/1に追加で2イーサ預け入れました)

利息:0.03231553イーサ(円換算:9,457円)

利息/預入資産×12 = 5.3%

 

実績の連絡は、メールできます。

 

2021年12月からシステム版に移行されましたので、ログインして賃借料を確認することになります。

 

実績(累計)

追加で預け入れを行った影響で、累計利率(年率)は下がってしまいましたが、

BTC(ビットコイン)は年率で2.6%、ETHは年率で4.8%の運用結果となりました。

 

1カ月で29,000円以上の利息を得ました

1カ月で29,000円の利息を得ました。

これは、もし銀行預金で得ようとすると元本が348億円必要です。

(348億円 × 0.001%   ÷ 12カ月  = 29,000円)

 

いかに高い利息を得ることができたかということですね。

 

 

来月の利率は?

HashHubレンディング事務局によると、来月(2022年2月)の利率は以下になるとのことです。

BTC(ビットコイン):4%

ETH(イーサリアム):5%

DAI(ダイ):9%

USDC:9%

 

 

この利息に税金はかかるの?

この利息は雑所得として所得税がかかります。

雑所得が20万円以上となる場合には、確定申告が必要です。

参考:https://www.aerial-p.com/media/lending-tax.html#i-2

 

仮想通貨を買って、HashHubに貸し出して稼ごう

このように、銀行預金とは全く比較にならない高利率を得られる仮想通貨のレンディング。

レンディングを行うためには仮想通貨が必要です。

では、仮想通貨はどこで買うのが良いのでしょうか?

 

仮想通貨を買うなら、「bitFlyer」か「coincheck」が良いですよ。

bitFlyer」は100円から購入できますし、「coincheck」であれば、Coincheckのユーザー間の送金は、送金手数料が無料です。

私は「bitFlyer」と「coincheck」の両方を利用しています。

 

まだ口座を開いていない方は、この機会に開設されることをおすすめします。

【bitFlyerで口座を開設する】

【coincheckで口座を開設する】

 

あわせて読みたい

ビットコインを貸し出すと年利6.5%と聞くとあやしく思えますか?【1990年の定期預金は年利6%でしたよ】

 

-仮想通貨(暗号資産)

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5