仮想通貨(暗号資産)

ビットコインを貸し出すと年利6.5%と聞くとあやしく思えますか?【1990年の定期預金は年利6%でしたよ】

 

「年利6.5%の金融商品があります。投資しますか?」

こう聞くと、あやしいと思うかもしれませんね。

だって、今銀行にお金を預けても利率は、0.001%。手数料でマイナスになってしまう水準です。

 

でも、年利6.5%の金融商品はあります。

それは、「ビットコインを貸し出す」ことです。

 

こちらのツイートをご覧ください。

 

こちらのツイートのリンク先の「HashHub Lending」というサービスを申し込むことで実現できます。

やることは、仮想通貨(ビットコイン or イーサリアム or ダイ)を貸し出すだけ。

これで、ビットコインなら年利6.5%、イーサリアム年利12%、ダイ年利14$で運用できるのです。

 

なんでこんなに利率が高いの?

それは、需要が高いからです。

金利はその仮想通貨を借りたい人と貸し出したい人の需給関係で決まります。

今は借りたい人 > 貸したい人 となっているので利率が高くなっているのです。

 

ちなみに、ビットコインの年利6.5%というのは、

1990年の1年物の定期預金金利利息(6%)とほぼ同水準です。(日本銀行より)

 

なので、むちゃくちゃ高い利率というわけではないことがご理解いただけるかと思います。

 

仮想通貨はどこで買えるの?

では、仮想通貨はどこで買うのが良いのでしょうか?

 

仮想通貨を買うなら、「bitFlyer」か「coincheck」が良いですよ。

bitFlyer」は100円から購入できますし、「coincheck」であれば、Coincheckのユーザー間の送金は、送金手数料が無料です。

私は「bitFlyer」と「coincheck」の両方を利用しています。

 

まだ口座を開いていない方は、この機会に開設されることをおすすめします。

【bitFlyerで口座を開設する】

【coincheckで口座を開設する】

 

あわせて読みたい

ビットコイン投資っていくらから始められるの?【100円からはじめられます】

 

-仮想通貨(暗号資産)

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5