NFT テクノロジー 仮想通貨(暗号資産)

MetaMask(メタマスク)とは?PC・スマホのインストールを画像付きでわかりやすく解説します

「NFTアートを買いたいけど、MetaMaskが必要と言われた。MetaMaskってなに?」

「MetaMaskのインストール方法を知りたい!」

 

この記事では、そんな声にお応えして、MetaMask(メタマスク)の概要とMetamaskをPC・スマホにインストールする方法を解説します。

 

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMaskとは簡単にいうと、暗号資産(仮想通貨)専用のお財布のことです。

イーサリアム(ETH)や、イーサリアムをベースに発行されたERC-20トークンを保管・管理することができます。

MetaMaskには、Webブラウザ(Google Chromeなど)の拡張機能として利用する「Web版」と、スマホなどにアプリをインストールして利用する「アプリ版」の2つのタイプがあります。

 

MetaMaskのインストール方法(PC版)

ここからは、MetaMaskのインストール方法(PC版)について解説していきます。

PC版では「Chrome(クローム):Googleが提供しているWebブラウザ」をつかますので、Chromeでインターネットを見てくださいね。

 

❶まず、MetaMaskの公式サイトに進み、「DownLoad now」をクリックします。

MetaMaskの公式サイト:https://metamask.io/

 

❷画面右にある「Chrome」をクリックして、「Install MetaMask for Chrome」をクリックします。

 

❸ダウンロードページに進んだら、画面右にある「Chromeに追加」をクリックしてダウンロードしてください。

 

❹ポップアップで「「MetaMask」を追加しますか?」と表示されるので、「拡張機能を追加」をクリックします。

 

❺「開始」をクリックします。

❻メタマスクのセットアップ画面に移行したら、右側の「ウォレットの作成」をクリックしてください。

❼「同意する」をクリックします。

❽続いてパスワードの設定画面に移行します。

ここで設定するパスワードや、割り当てられる「秘密のバックアップフレーズ」は非常に大切です。

公開してしまった場合や紛失してしまった場合、通貨を盗まれてしまいます。

厳重に気をつけて管理しましょう。

❾表示されている動画を見て、「次へ」をクリックします。

❿シークレットリカバリーフレーズ(お財布のマスターキー)を確認してメモします。

⓫シークレットリカバリーフレーズ(お財布のマスターキー)の確認を行います。先ほどメモした順にシークレットリカバリーフレーズを入力してください。

 

 

⓬「すべて完了」をクリックします。これで、MetaMaskが使えるようになりました。

⓭これが、MetaMaskの初期画面です。

 

MetaMaskのインストール方法(スマホ版(Android・IPhone))

次に、スマホへのインストール方法をご紹介します。

先ほど、PCでのインストールが出来ていることを前提に説明しますね。

 

PCでのインストールが出来ていると、スマホへのインストールは簡単です。

❶アプリ版のMetaMaskをインストールします。

iOS版はApple Store、Android版はGoogle Playにて無料配信されています。

Apple Store:https://apps.apple.com/jp/app/metamask-blockchain-wallet/id1438144202

Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=io.metamask&hl=ja&gl=US

 

❷PC版のMetaMaskで同期用のQRコードを表示されます。

PC版で「モバイルとの同期」を実行するとQRコードが表示されます。

 

❸スマホでQRコードをスキャン

スマホのカメラ機能でQRコードを読み取ると同期されます。

QRコードが表示されない場合には、スマホのMetaMaskにバックアップフレーズを入力して同期すればOKです。

 

MetaMaskに入金してみよう

MetaMaskの作成が完了したら、今度はMetaMaskにイーサリアムを入金してみましょう。

使い方の流れは以下のとおりです。

❶取引所の口座開設をする

❷取引所でイーサリアムを購入する

❸MetaMaskに送金する

 

❶取引所の口座開設をする

暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設し、MetaMaskへイーサリアムを送金する必要があります。

取引所には海外と国内のものがありますが、海外の取引所はハッキングリスクなどが高くまた英語対応が必要なのであまりおすすめできません。

利用するなら、下記の国内の取引所が良いです。

 

おすすめの国内暗号資産(仮想通貨)取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

Coincheck(コインチェック)

 

❷取引所でイーサリアムを購入する

取引所の口座が開設できたら、イーサリアムを購入してみましょう。

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)でイーサリアムを購入してみます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の会員ページから販売所ページにアクセスし、「ETH」を選択してください。

 

購入する数量や交換する通貨を設定し、問題なければ「買う」をクリックします。

これでイーサリアムの購入は完了です。

 

❸MetaMaskに送金する

続いて、購入したイーサリアムをMetaMaskに送金します。

bitFlyer(ビットフライヤー)の会員ページメニューから「イーサリアム」に進み、「イーサリアム」を選択します。

送金する「金額(ETH)」を入力し、手数料などを確認して問題がなければMetaMaskへ送金しましょう。

宛先にはMetaMaskのアドレスを入力しますが、アドレスはMetaMaskにログインし、トップページ上部のアカウント名をマウスオーバーすると表示されます。

アドレスの横にあるコピーマークをクリックしてコピーして、送付先の外部イーサリアムアドレスの登録を行います。

この登録後に送付数量を入力し、送付を行います。

これでMetaMaskへの送金が完了です。

 

まとめ

以上、MetaMaskの概要・MataMaskのインストール・MataMaskへの送金についてご説明しました。

NFTアートなどをOpenSea等で買う場合、MetaMaskのインストールは必須ですので、ぜひこの記事を参考にインストールしてみてくださいね。

 

あわせて読みたい

OpenSeaでNFTアート作品を購入する方法を解説します【結論:MetaMaskを接続するだけでOKです】

 

 

-NFT, テクノロジー, 仮想通貨(暗号資産)

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5