仮想通貨(暗号資産)

暗号資産(仮想通貨)に投資してはいけない?【結論:未来のお金なので投資しておくべき】

「暗号資産(仮想通貨)取引なら○○ってCMをよく見かけるけど、暗号資産に投資すべきなの?」

「暗号資産で億り人になったってニュースで見たけど、今からでも儲かるの?」

 

この記事では、暗号資産(仮想通貨)に投資している私が、暗号資産(仮想通貨)に投資すべき理由を語ります。

ちなみに私が投資しているのは、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)です。

ビットコインとイーサリアムに投資をし、さらにレンディング(暗号資産の貸出し)を行い、資産を増やしています。

 

レンディングにはいろんな方法がありますが、私は「HashHubレンディング」で実施しています。

興味がある方はこちらの記事もぜひご覧ください。

【2021年5月分】仮想通貨(暗号資産)レンディング実績報告【HushHubレンディング利用】

 

暗号資産(仮想通貨)に投資すべき3つの理由

1:暗号資産(仮想通貨)はボーダレスなお金である

まず一つ目の理由は、「暗号資産(仮想通貨)」はボーダレスなお金であるということです。

ボーダレスとは要するに、「海外送金を容易に行える」ということです。

 

現在の法定通貨(円やドルなど)を海外に送金しようと思うと以下のような流れを取らなければならず、非常に手間です。

1. 海外に送金したい人(送金人)が送金してほしい銀行へ「送金手続き」をして、送金したい金額と送金手数料を支払う。

2. 送金人から銀行へ「送金額」と「送金手数料」が支払われると、送金依頼を受けた送金銀行は「中継銀行」を通して海外の受取銀行へ送金する。

 

送金側の銀行と受け取り側の銀行と、それを中継する銀行が入ってきたりして、手数料も多額に取られる。

これ、非常に非効率なんですよね。

 

でも、暗号資産(仮想通貨)であれば、自身のウォレット(暗号資産(仮想通貨)用の財布)から相手のウォレットにダイレクトに送金できますので

時間もかからず手数料も非常に安価です。

 

こんなに便利なものを使わない手はないですよね。

だから、今後暗号資産(仮想通貨)の需要が増え、価格が上昇することが見込まれるのです。

 

 

2:暗号資産(仮想通貨)の堅牢性と透明性

暗号資産(仮想通貨)の中にも様々な種類がありますが、パブリックブロックチェーンを使っているものは、堅牢性と透明性があります。

どういうことかというと、

1:ブロックチェーン技術により、取引が全体にオープンになる

2:もし、悪さしようとしてもその取引がデジタルデータとして残ってしまうので、追跡可能となる。

ということなんですね。

このあたりの話はこちらの記事で詳しく解説しています。

【図解】ブロックチェーンはなぜ改ざんできない?【結論:計算が面倒すぎる】

 

3:法定通貨の価値がどんどん下がっている

3つ目の理由は、「法定通貨の価値がどんどん下がっている」ということです。

日本をはじめ、米国やイギリスなど各主要国が、コロナ禍などの影響で冷えてしまった経済を立て直すためにお金をどんどん刷っています。

その結果、「法定通貨の価値がどんどん下がっている」のです。

 

事実、金に対する各通貨の価格指数をみると、1900年時点での各通貨の対ゴールドの価値を100とした場合、2018年時点で米ドルの価値は1.63、英ポンドは0.45、日本円は0.03と、信じられないほどに下落しています。

<参考>

https://wm.openhouse-group.com/investment4

 

こんなことを書くと、「暗号資産(仮想通貨)だって、単なる電子データなんだからいくらでもコピーして増やせるじゃないか」という反論が聞こえてきそうですね。

 

たしかに、そのような暗号資産(仮想通貨)もあるかもしれません。

 

しかし、代表的な仮想通貨であるビットコインは、そのプログラムで発行上限を2100万BTCに制限しており、大量発行による価値下落が行われないような仕組みとなっています。

参考:

https://github.com/bitcoin/bitcoin

 

暗号資産ごとにどのような発行形態になっているか確認する必要があります。

ただ、少なくとも「暗号資産(仮想通貨)だって、単なる電子データなんだからいくらでもコピーして増やせるじゃないか」という反論は、全ての暗号資産(仮想通貨)には当てはまらないということがご理解いただけるかと思います。

 

暗号資産(仮想通貨)に投資すべきではないと考える人の理由

では次に、暗号資産(仮想通貨)に投資すべきではないと考える方の主張を見てみましょう。

今回は厚切りジェイソンさんを取り上げます。

厚切りジェイソンさんは、自身のこちらの書籍の中で、暗号資産(仮想通貨)に投資すべきではないと主張されています。

ジェイソン流お金の増やし方
created by Rinker

その理由をみてみましょう。

 

1:ビットコインの価値と将来が見えないこと、そしてなぜここまで急騰しているか理由がわからない

まずは、「ビットコインの価値と将来が見えないこと、そしてなぜここまで急騰しているか理由がわからない」ということ。

 

「チューリップ・バブル」の話を引用して、ビットコイン自体の価値ではなく人々の思惑によって価値が決まっていることを指摘しています。

チューリップ・バブルは、オランダ黄金時代のネーデルラント連邦共和国において、当時オスマン帝国からもたらされたばかりであったチューリップ球根の価格が異常に高騰し、突然に下降した期間を指す。
チューリップ・バブルのピーク時であった1637年3月には、1個当たり、熟練した職人の年収の10倍以上の価格で販売されるチューリップ球根も複数存在した。 https://artsandculture.google.com/entity/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%AB/m01cwrw?hl=ja より引用

ただ、これを言い出すと、原油やゴールド、それに法定通貨だって同じように「人々の思惑」で価格が動くことがありますし、株に至ってはその最たる例ですよね。

 

「ビットコインの価値が分からない」という指摘については、

・送金の容易性

・堅牢性、透明性

・発行条件がある

などのビットコインの特徴を理解すればその価値を分かるはずで、単に「勉強不足なだけでは?」という気がしてなりません。

 

2:現在取引されている仮想通貨がこれから50年後も残っているかと考えたときに、残っていると思えない

次の理由は、「現在取引されている仮想通貨がこれから50年後も残っているかと考えたときに、残っていると思えない」ということ。

イーサリアムのスマートコントラクト(ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組み)の機能を取り上げて、

 

この機能自体は素晴らしいが、これは「デジタルドル」や「デジタル元」などの「デジタル法定通貨」で実装されるから、イーサリアム自体がなくなるのではないか、という指摘です。

 

これについては、既にイーサリアムで実装されている種々アプリケーションの数をみれば、イーサリアムがすぐなくならないことは明らかです。

https://ethereum.org/ja/

これも単に「イーサリアムについての勉強不足なだけ」という気がしてなりません。

 

まとめ:暗号資産(仮想通貨)は未来のお金なので投資しておくべき

以上、暗号資産(仮想通貨)の特徴を踏まえながら、投資すべき理由を見ていきました。

現在暗号資産(仮想通貨)は何万という種類があり、ものによっては全く価値のない詐欺のようなものもあるようです。

 

しかし、ビットコインやイーサリアムといった代表的なものは、既に多くのユーザーによって利用され取引されており

技術的バックグラウンドも確認されていますので、少額でもよいので是非投資されることをおすすめします。

 

暗号資産(仮想通貨)は「coincheck」か「bitFlyer」で買いましょう

このように、メリットが大きい暗号資産(仮想通貨)投資。

では、暗号資産(仮想通貨)はどこで買うのが良いのでしょうか?

 

暗号資産(仮想通貨)を買うなら、「bitFlyer」か「coincheck」が良いですよ。

bitFlyer」は100円から購入できますし、「coincheck」であれば、Coincheckのユーザー間の送金は、送金手数料が無料です。

私は「bitFlyer」と「coincheck」の両方を利用しています。

 

まだ口座を開いていない方は、この機会に開設されることをおすすめします。

【bitFlyerで口座を開設する】

【coincheckで口座を開設する】

 

あわせて読みたい

ビットコイン投資っていくらから始められるの?【100円からはじめられます】

 

 

 

 

 

 

-仮想通貨(暗号資産)

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5