お金 保険 貯金

やっておきたい家計の防衛術8選【知っているか知っていないかの差】

家計は毎年苦しくなっている

民間給与実態調査を確認してみると、令和元年日本の平均年収は436万円と、リーマンショック以前の水準まで回復しています。

しかし、消費税率や保険料は年々上昇しており、可処分所得ベースでは減少。

家計は毎年苦しくなっています。

年度 平均年収
令和元年度 436万円 -1.0%
平成30年度 441万円 2.0%
平成29年度 432万円 2.5%
平成28年度 422万円 0.3%
平成27年度 420万円 1.3%
平成26年度 415万円 0.3%
平成25年度 414万円 1.4%
平成24年度 408万円 -0.2%
平成23年度 409万円 -0.7%
平成22年度 412万円 1.5%
平成21年度 406万円 -5.5%
平成20年度 430万円 -1.7%
平成19年度 437万円 0.5%

 

やっておきたい家計の防衛術8選

そこで、今回は「やっておきたい家計の防衛術」ということで、家計を守るためにぜひ知っていただきたいことをお伝えさせていただきます。

❶格安スマホにする

まずは格安スマホに乗り換えるということ。

これを実践すると、人によっては毎月5,000円以上お得になります。

 

ただ、デメリットもあります。

・キャリアメールが使えない

・大手キャリアに比べると、お昼や夜など混雑する時間帯は通信速度が遅くなることがある

・LINEのID検索が使えない

 

これらのデメリットがあっても、あまりあるメリットがあるので、ぜひご検討ください。

 

格安スマホとしては、

J:COM MOBILE

LIBMO

OCNモバイルONEの格安スマホ

BIGLOBEモバイル 格安SIM

などがありますよ。

 

❷余計な保険に入らない

日本人は保険好きと言われており、必要以上の保険に入っていると言われています。

特に生命保険料は、子どもの成長に伴って保障額を減額すべきですが、なかなかそこまで手が回らず、必要金額以上の保険に入っている方が多いようです。

ぜひ、保険の見直しをして、保険料を圧縮することをおすすめします。

保険の見直しについては、こちらの記事で詳しくまとめています。

保険の見直しをしないことで起こる3つの損について解説【見直ししましょう】

 

❸NISAを活用する

NISAとは、2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。

NISAでは毎年120万円の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税となります。

 

NISAは、NISA口座を開設して、その口座に入金し、商品(株式や投資信託など)を購入することで始めることができます。

以下の会社でNISA口座を開設できますので、検討にご利用ください。

松井証券

・GMOクリック証券

・DMM証券

 

❹iDeCo(イデコ)を活用する

iDeCo(イデコ)とは、 individual-type Defined Contribution pension planの略で個人型確定拠出年金のことです。

ざっくりいうと、自分で作る年金制度のことですね。

おおまかな流れはこちら。

①加入者が毎月一定の金額を積み立てる(掛金を拠出するといいます)

②あらかじめ用意された定期預金・保険・投資信託といった金融商品で自ら運用する。

③60歳以降に年金または一時金で受け取る(※60歳になるまで、引き出すことはできません)

 

iDeCo(イデコ)の利用には、金融機関で専用口座を開設する必要があります。

以下の会社でiDeCoを開設できますので、検討にご利用ください。

・大和証券

マネックス証券

・SBI証券

・楽天証券

 

❺ふるさと納税をする

まず、誰にでもおすすめできるのが「ふるさと納税」です。

ふるさと納税とは、簡単にいうと自治体に寄付をすると実質負担2,000円で返礼品がもらえるという国の制度です。

 

ふるさと納税は金額的には節税にはなりませんが、2,000円以上のお礼の品がもらえるという点で

その分お得=実質節税 となるのです。

 

ふるさと納税は、ネットで買い物をする感覚で手続きできます。

「さとふる」から好きなお礼の品を選んでクレジットカードで決済しましょう。

 

❻カーシェアリング

自動車を保有しているけど、週末しか利用していない方は、毎日使っていないのであれば、駐車場代や保険料代がもったいないです。

ですので、カーシェアリングをおすすめします。

 

❼メルカリで不用品売買

メルカリで不用品売買もぜひチャレンジいただきたいです。

新品でなくても、状態を正直に記載して、適切な価格で販売すれば全然売れます。

私も本や服を販売して、部屋の断捨離を行いつつお金を稼いでいます。

 

❽自己アフィリエイト

最後に紹介したいのは自己アフィリエイトです。

自己アフィリエイトとは、アフィリエイトで紹介できる商品を、自分で購入することで報酬が入る仕組みのことを言います。

通常のアフィリエイトでは、自分のブログで商品の広告を掲載し、ブログの読者が「広告をクリックして商品購入した際」に報酬が発生します。

一方、自己アフィリエイトでは、「自分が紹介している商品を自分で購入しても報酬が発生」するという仕組みになっています。

自己アフィリエイトだけで10万円程度稼ぐことは十分可能ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

代表的なASPは
A8.net
もしもアフィリエイト

などがありますよ。

 

まとめ

いずれも、すぐ実行できるものばかりですので、気になったものからすぐ始めてみましょう!

 

-お金, 保険, 貯金

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5