お金 フリーランス

【節税しよう】フリーランスの経費の考え方【売上に貢献していたら経費です】

この記事では、フリーランスとして活動している方向けに、どの費用が経費になるのか、もしくはならないのかについて解説していきます。

フリーランスとして活動していく場合、経費について理解することはとても重要です。

自分が支払う税金に直結しますからね。

まず、経費とはそもそも何なのかご説明します。

 

経費とは

経費とは、事業を運営する上で発生した費用のことを言います。

フリーランスは自分で所得を計算し納税する必要があります。

これを確定申告と言います。

確定申告の際は、年間の総収入を計算し、そこから必要経費と控除を差し引き、所得を計算します。

その所得に応じて納税金額が決定するため、経費を把握していなければ確定申告ができません。

フリーランスになったら、とりあえず領収書はもらっておくという姿勢がとても大切になります。

 

経費の判断基準

使ったお金が全て経費になるわけではなく、判断の基準があります。

それは、

・使ったお金が事業に関係しているかどうか

・売り上げに貢献しているかどうか

です。

要するに、明確な数値的基準があるわけではなく、自分で「この費用は事業に関係している」と合理的に説明できれば

それはすべて経費となるのです。

 

経費と認められやすいもの

とはいえ、具体例がないとなかなか判断しにくいもの。

そこで、一般的に経費と認められやすいものをまとめました。

・1人で作業した時のカフェ代(ただし、自宅を仕事場としている場合は、使用頻度が多いと指摘される可能性があります)

・2人以上で打ち合わせした時のカフェ・飲食代

・インタビューなどでのカフェ・飲食代

・仕事相手との食事や飲み会代

・仕事相手への手土産、お中元、お歳暮、ご祝儀

・コワーキングスペースの利用料

・セミナーやイベントの参加費

・クラウドファンディングの支援金

・有料メールマガジン

・有料note

・書籍

・新聞代

・会計ソフト代

 

経費と認められにくいもの

では、逆に経費とみとめられにくいものをまとめます。

・スポーツジムの利用料(個人の体調管理のために使っている場合)

・マッサージ代

・健康診断、人間ドック代

・英会話などの習い事(ただし、事業に関連すると主張できる場合にはOK)

・化粧品代、エステ代(人前に出る職種であれば認められることがありうる。この場合は家事按分(※)となる)

・衣装代、スーツ代(人前に出る職種であれば認められることがありうる。この場合は家事按分(※)となる)

・保育園代

 

※家事按分については、こちらの記事で詳しく説明しています。

【自宅で仕事している方は必読】家事按分(かじあんぶん)を理解して経費をしっかり計上しよう

 

迷ったら請求書は残して、税理士に相談しましょう

以上、経費の判断基準と経費になるもの、なりにくいものをまとめてきましたが、

迷う場合も当然ありますよね。

その場合は、税理士さんに相談するという手があります。

餅は餅屋というやつですね。

こちらのサイトで税理士さんを探せますよ。

・税理士紹介ネットワーク

ベンチャーライフ|個人事業主の確定申告する税理士の紹介の問い合わせ

・【あなたにぴったりの税理士が見つかる-ミツモア】

 

まとめ

経費になるかどうかは、自分でしっかり説明できるかがポイントです。

しっかり請求書を残して、経費計上していきましょう。

 

本記事の参考書籍

 

 

-お金, フリーランス

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5