仮想通貨(暗号資産)

ビットコインの今後の価格を予想するために有用な、「S2Fモデル」を紹介します【長期的に上がる】

ビットコインの今後の価格を予想するために有用な、「S2Fモデル」を紹介します

ビットコインの価格を予想する方法の1つに「S2Fモデル」があります。

今のところビットコインの価格はS2Fモデル通りに動いているので、参考にしている投資家は世界中に53万人以上もいます。

そんなS2Fモデルとは何か、どう使ったらよいのか、まとめました。

 

S2Fモデルとは?

概要

S2Fモデルは、2019年3月に PlanB(Twitter:@100trillionUSD)氏によって提唱されたモデルです。

S2Fとは、ストック・フロー比率(Stock to Flow)のこと。

計算式は、S2F=市場に存在する量(ストック)/年間供給量(フロー)です。

PlanB氏が提唱するビットコイン相場のS2F分析によると、2009年12月から2019年2月の相場データをもとにプロットしたところ、一定の規則性を発見。

S2F(ストックフロー比率)と時価総額の両方について対数をとり線形回帰を行うと、S2Fと時価総額の間に統計的な有意性が確認されました。

ツイッターアカウントS2F Multipleでは、S2Fに基づいたBTC理論価格が毎日更新されています。

 

ビットコインの理論価格の計算式

仮想通貨アナリストのPlanBは、以下のようにビットコインの理論価格を計算しています。

BTC理論価格 = 「これまでの発行枚数-100万BTC(ストック)」÷「ブロック生成数×1ブロック当たりのBTC報酬量(フロー)」

出典:https://stats.buybitcoinworldwide.com/stock-to-flow/JPY

 

S2Fモデルの提唱者PlanBは何者か

S2Fモデルの提唱者「PlanB」氏は、法律と定量的金融のバックグラウンドを持つオランダの機関投資家です。

また、「PlanB」氏は、現在、数十億ドルのバランスシートを管理するチームで投資マネージャーとして働いています。

参考:https://coinmarketcap.com/alexandria/people/planb

Twitterアカウントはこちら>>@100trillionUSD

 

S2Fモデルの見方

 

上記のS2Fモデルの画像の見方は下記の通りです。

①青い線がビットコインの予想価格
②色の丸(黄色・黄緑・赤・青・橙など)がビットコインの価格

これだけ覚えておけば、S2Fモデルを読み解くことが出来るでしょう。

 

S2Fモデルの欠点及び限界

供給面のみしか考慮されておらず、需要面が考慮されていない

S2Fモデルの理論値は、過去のビットコイン価格とストック/フロー比率から統計的に事後的に算出された理論価格であり、ビットコインの新規発行という「供給面」のみを考慮して算出されたものです。

しかし、実際にはBTCの価格形成は需要と供給の両面によって成り立つものであり、需要面も考慮に入れる必要があります。

つまりこのモデルは実需という面とマイナーの撤退行動などを考慮していません。

 

理論価格が将来無限大になってしまう

S2Fモデルによると、半減期ごとにストックフロー比率は倍々になっていくため、理論価格は最終的に無限大になります。

ただ、無限に価格が上がるということは現実的にあり得ないため、どこかで無理がくるという反論があります。

 

マイナーの撤退行動を考慮していない

線形回帰では、S2Fが高まれば高まるほどBTCの時価総額が高まるという結論が導かれてしまい、

世界の経済規模を無視した数値になってしまいます。

実際には、マイナーの撤退が相次げばビットコインのブロックチェーンの価値が既存するリスクもあるので、注意が必要です。

 

S2Fモデルまとめ

種々限界点はありますが、今のところビットコインはS2Fモデル通りの価格推移なので、現状は参考になる指標です。

S2Fモデルを意識して長期投資をしても問題ないでしょう。

 

ビットコインはどこで手に入るの?

このように、S2Fモデルによれば、これからも価格が上がる可能性があるビットコイン。

では、ビットコインはどこで買うのが良いのでしょうか?

 

ビットコインを買うなら、「bitFlyer」か「coincheck」が良いですよ。

bitFlyer」は100円から購入できますし、「coincheck」であれば、Coincheckのユーザー間の送金は、送金手数料が無料です。

私は「bitFlyer」と「coincheck」の両方を利用しています。

 

まだ口座を開いていない方は、この機会に開設されることをおすすめします。

【bitFlyerで口座を開設する】

【coincheckで口座を開設する】

 

あわせて読みたい

ビットコイン投資っていくらから始められるの?【100円からはじめられます】

 

-仮想通貨(暗号資産)

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5