ブログ・Kindle本

【便利】ココナラでKindle本の表紙の依頼をしてみた結果

ココナラでKindle本の表紙の依頼をしてみました

こちらのKindle本。

私の2冊目の出版なのですが、初めてココナラで表紙の依頼をしました。

かかった費用は2,200円(相手への報酬4,000円ー初回クーポン300円ー自己アフィリエイト報酬1,500円)でした。

どうやって、ココナラで表紙の依頼したのかについてお話しします。



 

まず会員登録をしましょう

まず会員登録をします。

会員登録はGoogle、Yahoo!JAPAN ID、Facebook、Appleで登録できるのですぐできますよ。

 

公開依頼でKindle本の表紙の依頼する

次に、「公開依頼」ボタンをクリックしましょう。

「公開依頼」とは、ココナラに登録しているクリエイターさんに幅広く依頼をかけるもの。

自分が書いた依頼文をみて、クリエイターさんが提案してくれます。

最初は「この人にお願いしたい!」というクリエイターさんをみつけるのは大変だと思いますので

「公開依頼」で依頼することをおすすめします。

 

公開依頼文を書く

次に、必要項目を記入して公開依頼文を書きましょう。

(任意項目は入力してもしなくてもどっちでもOKです。必要に応じて記載しましょう)

 

カテゴリを選ぶ

まずはカテゴリから。

大カテゴリに「デザイン」、小カテゴリに「CD・書籍デザイン」を選びましょう。

 

依頼タイトルを入力する

次に、依頼タイトルを入力します。

今回は「Kindle本の表紙作成依頼」と入力します。

 

依頼の概要・目的・背景を入力する

次に、依頼の概要・目的・背景を入力します。

参考までに、私が依頼した文章を記載しますね。

◆タイトル:0からスタート!決算書を読むためのノウハウ大全

コピー:決算書をみる方法、決算書を使って情報を得る方法がわかる

◆著書名:はる(Haru)

◆デザインの参考
https://amzn.to/3qbiNbM

◆サイズ:アマゾンの電子書籍に準ずる(2,560×1,600ピクセル)
その他のレギュレーションはこちら
"https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/help/topic/G201113520"

◆ファイル形式:JPEG

◆作成数:1種類

◆利用用途:アマゾンの電子書籍の表紙、その他

◆ターゲット層:会計力を高めたいビジネスパーソン、決算書を読めるようになりたいビジネスパーソン

 

予算と応募期限を決める

最後に予算と応募期限を決めましょう。

私は予算は「3,000円~5,000円」にしました。

これは、他の方の依頼をみてこのぐらいかな?ということで決めました。

応募期限は3日間~5日間ぐらいでよいかと思います。

 

クリエイターさんからの応募内容を確認する

公開依頼を完了すると、ココナラに登録しているクリエイターさんが依頼を見てくれます。

そして、応募をしてくれます。

応募内容をみて自分に合ったイメージの創作をしてくれそうか確認しましょう。

 

私の場合は1日で3名の方から依頼をいただきました。

思ったよりも応募が早くてびっくり。

その3名の中でイメージ通りのものを作ってくれそうなクリエイターの方がおられたので、その方に決めました。

 

クリエイターさんとココナラ内で連絡をとる

クリエイターさんを決定したら、ココナラ内で代金決済をしてクリエイターさんと連絡をします。

連絡はチャットのような形で連絡をとれるので簡単です。

文章だけでやりとりできますよ。

私の場合は5往復ぐらいのやりとりで終わりました。

 

クリエイターさんから創作物をココナラ内で受け取る

クリエイターさんと連絡をとって、ココナラ内で創作物を受け取ります。

これで完了です。

すごく簡単でした。

 

まとめ

ということで、ココナラでKindle本の表紙の依頼をしてみた結果をお伝えしました。

最初は少し不安でしたが、簡単に依頼できてクリエイターさんも親切丁寧な方だったのでよかったです。

ココナラで何か依頼をしたい!という方の参考になれば幸いです。


-ブログ・Kindle本

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5