ブログ・Kindle本

Kindle書籍のセルフ出版の流れを3ステップで解説【ブログより簡単です】

思ったよりも簡単だったKindle書籍の出版

先週(2021/2/25)に初めてKindle書籍を出版しました。

20代で自分が知りたかったことをまとめた本です。

今回はマインド編ということで考え方について書きました。

とても簡単で、ブログやTwitterなどで何か発信をされている方にはぜひおすすめしたいです。

ということで、今回はKindle書籍の出版の流れを3ステップで解説します。

 

Kindle書籍の出版の流れの概要

Kindle書籍の出版の流れの概要は、こちらのツイートの通りです。

それぞれについて解説していきますね。

 

STEP1:KDP(Kindle Direct Publishing)に登録する

まずは、KDP(Kindle Direct Publishing)に登録する必要があります。

KDPとは、Amazonが提供しているセルフ出版のプラットホームのこと。

Amazonユーザーであればその情報を利用してすぐ登録できます。

サイトはこちら。

https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/

 

STEP2:原稿と表紙を用意する

原稿について

原稿はWordでできます。

私はWordで用意しました。

具体的な書式設定などは、KDPのこちらのページに詳細がありますので参考にしてくださいね。

簡単にできますよ。

なお、100文字以上あればKDPで出版できます。

 

表紙について

表紙は自分でつくることもできますし、外注で依頼することもできます。

私は初めてということもあって、自分でつくってみました。

 

表紙を自分で作る場合

私はCanvaというサイトで作りました。

本の表紙のテンプレートが豊富に用意されているので、それを参考にすればよいだけ。

私の場合は、テンプレートそのままで文字を変えただけにしたので30分でできました。

 

表紙を外注で作る場合

ココナラなどで依頼することができます。

次回の作品はココナラで依頼してみようと思っています。

依頼の方法ですが、すでに依頼されたことある方がツイートで依頼テンプレートを出していてくれたのでそのツイートを掲載しますね。

発注の価格は3,300円だそうです。

 

 

STEP3:表紙と原稿をKDPにアップロードする

表紙と原稿ができたら、あとはKDPにファイルをアップロードするだけ。

その際、価格も自分で決めることができます。

KDP側で審査があり、通常であれば2~3日で出版できます。

 

まとめ

ということで、KDPによるKindle書籍出版の流れを解説しました。

ブログ立ち上げるよりもよっぽど簡単なので、まだの方はぜひサクッと出版してみてはどうですか?

 

-ブログ・Kindle本

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5