考え方

仕事で使わない方がよい3つの言葉【とりあえず・適当に・取り急ぎ】

無意識にこの3つのことば、使っていませんか?

突然ですが、

・とりあえず

・適当に

・取り急ぎ

この3つのことばを無意識に使っていることはありませんか?

 

もし使っているとしたら、あなたは損をしています。

今回はそのことについてお話しします。

 

「とりあえず」・「適当に」・「取り急ぎ」

「とりあえずやっておきました」

「適当に仕上げておきました。」

「取り急ぎ返信させていただきます。」

 

こんなフレーズを仕事で聞くことがあります。

発言した本人は、何気ない感覚で話したのだと思いますが、その言葉を受け取った人はこう思っています。

 

「やっつけ仕事かよ」

「適当に仕事されちゃ困るんだけど」

 

実際、このように受け取る人を私は何人も知っています。

 

ことばがもつ印象の力は大きい

日本には「言霊(ことだま)」ということばがあります。

古代日本で、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力。

発した言葉どおりの結果を現す力があるとされていました。

 

実際、現代でもこの「言霊(ことだま)」はあります。

何気ない言葉でも、そのことばが持つ力によって人を傷つけられたりはずかしめたりすることがあります。

 

・とりあえず

・適当に

・取り急ぎ

 

この3つの言葉を使うとあなたが損する。

それは、これらの言葉に、強いマイナスのイメージがあるからなのです。

 

口癖の人は気を付けよう

これらの言葉が口癖になってしまっている人は、その口癖をやめることをおすすめします。

仲のよい同僚やパートナーなどにお願いして、口癖を指摘してもらうのがよいですね。

 

この口癖をやめるだけで、あなたの印象はグッとよくなります。

仕事の評価も高まります。

 

あわせて読みたい

「だめ」と言われるとやりたくなる。なんで?【否定命令の恐ろしい力】

 

 

-考え方

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5