仮想通貨(暗号資産)

ビットコインに投資しないと損する3つの理由【10年後には米ドルを脅かす存在】

ビットコインに投資しないと損する3つの理由

一時期700万円まで上昇したビットコイン。

現在(2021年6月)は、400万円台で推移しています。

「ビットコインは終わった」

そう考える方もいるかもしれません。

 

しかし、私は以下の理由でビットコインに投資すべきだと考えています。

今回はそのことについてお話しします。

 

【ビットコインに投資しないと損する3つの理由】

❶エルサルバドルでビットコインが法定通貨になった

❷アフリカでビットコインが前年比2倍の取引量になった

❸世界の企業が決済通貨にビットコインを採用

 

理由❶:エルサルバドルでビットコインが法定通貨になった

2021年6月9日、中米の国エルサルバドルが世界で初めてビットコインを法定通貨として認める国になりました。

ソース:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2106/10/news061.html

 

エルサルバドルはなぜビットコインを法定通貨にすると決めたのか

エルサルバドルがビットコインを法定通貨にすると決めたのは、自国の特殊な状況と、ビットコインの送金手数料が安いことがその理由です。

 

エルサルバドルは、人口660万人、国内総生産(GDP)が270億ドルほどの小さい国です。

また、GDP(国内総生産)のうち、米国にいるエルサルバドルからの移民250万人によるエルサルバドルへの送金が60億ドルとGDPの22%を占めています。

 

エルサルバドルの中央銀行は、2001年から米ドルを法定通貨としてきました。

その理由は以下の通り。

❶独自通貨を維持するコストが高い

❷GDPの20%を占める送金が米ドルである

❸高犯罪率の中で独自の通貨を持つには偽札防止が難しかった

 

そこで、ポイントとなるのが、米ドルでの送金です。

米ドルを送金するには高い手数料がかかります。

また、エルサルバドルには銀行口座を持たない人が7割程度いるといわれています。

そのため、送金手数料が低く、銀行口座がなくてもスマホで送金できるビットコインに注目したというわけです。

 

理由❷:アフリカでビットコインをはじめとした仮想通貨の取引量が急増している

アフリカでビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)の利用が急増しています。

 

アフリカにおいて毎月送付される仮想通貨は1万ドル未満で、年間55%以上の急上昇を遂げて6月には3.16億ドルに達しています。

毎月の取引は60万件にも達し、活動の多くは南アフリカとケニア、アフリカ大陸最大の経済国であるナイジェリアが中心になっています。

ソース:https://www.reuters.com/article/us-crypto-currencies-africa-insight/how-bitcoin-met-the-real-world-in-africa-idUSKBN25Z0Q8

 

アフリカでこうしたブームが起きている背景には、以下の理由が考えられます。

❶ビットコインにすぐに適応したテクノロジーに精通した若者が多くいること

❷現地通貨が弱いために、国際貿易で利用する「ドル」を獲得することが難しいこと

❸ドルの送金手数料が高いこと

 

理由❸:世界の企業が決済通貨にビットコインを採用

世界的大企業がビットコインでの決済を許可しています。

 

【ファストフード店】

ベネズエラのバーガーキングは2020年、ビットコインやその他の仮想通貨での支払いを受け付けると発表しました。

また、ケンタッキーフライドチキン(KFC)、ピザ・ハット(Pizza Hut)、タコベル(Taco Bell)、ハビット・バーガー・グリル(The Habit Burger Grill)といったブランドを展開するヤム・ブランズ(Yum Brands)も、仮想通貨での支払いを受け付けています。

 

【大手テック企業】

ペイパル(PayPal)は2020年10月、2021年からCashまたはCash Plusアカウントで一部の仮想通貨の売買や保持が可能になると発表しました。

 

これ以外にもコカ・コーラやスターバックスなどでビットコインによる支払いができるようになってきています。

 

ビットコインはどこで手に入るの?

このように、今後が楽しみなビットコイン。

まだまだ価格が上昇する可能性を秘めています。

 

では、ビットコインはどこで買うのが良いのでしょうか?

 

ビットコインを買うなら、「bitFlyer」か「coincheck」が良いですよ。

bitFlyer」は100円から購入できますし、「coincheck」であれば、Coincheckのユーザー間の送金は、送金手数料が無料です。

私は「bitFlyer」と「coincheck」の両方を利用しています。

 

まだ口座を開いていない方は、この機会に開設されることをおすすめします。

【bitFlyerで口座を開設する】

【coincheckで口座を開設する】

 

あわせて読みたい

ビットコイン投資っていくらから始められるの?【100円からはじめられます】

 

 

-仮想通貨(暗号資産)

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5