お金 クレジットカード

【よく考えると○○1択】ENEOSカードってC・P・Sの3種類あるけどどれがいいの?

「ENEOSカードってC・P・Sの3種類あるけどどれがいいの?」

 

こう思いません?

こちらのページがENEOSカードの案内ページなのですが、C・P・Sの3種類あることがわかります。

https://www.eneos.co.jp/consumer/ss/card/card/kind/

C:キャッシュバックタイプ

P:ポイントタイプ

S:スタンダードタイプ

 

で、こちらのページには「あなたにピッタリのカードを診断」ということで、いくつかの項目を入力すれば最適なカードを選択してくれることがわかります。

https://campaign.ts3card.com/eneos/psc/shindan/

これでC・P・Sのどれが最適か一応はわかります。

 

でも、よくよく検討した結果、私は違う意見を持っています。

本日はそれについてお話ししますね。

 

まずは結論から

まず私の意見はこちら。

私の意見

P(ポイントタイプ)が最も有利なように一見みえるけど、最もお得なのはS(スタンダードタイプ)です。

【理由】

❶P(ポイントタイプ)が最も有利なように一見みえるけど、その前提は「ポイントをすべて使うこと」。ただ、ポイントの有効期限は2年間だけだし、1,000ポイント単位でしか使えないなので、すべてのポイントを有効に使えない。

❷S(スタンダードタイプ)であれば、常にガソリン・軽油ならいつでも2円/L引き、灯油ならいつでも1円/L引きなので、ポイントに還元せず常に値引きを受けられる。

❸そういう意味では、C(キャッシュバックタイプ)もポイントに還元せず常に値引きを受けられるが、年会費を無料にできるS(スタンダードタイプ)のほうが実はお得。

❹よって、S(スタンダードタイプ)1択になる。

ENEOSカードを申し込む(公式HP)

 

ENEOSカードの基本情報

まず、ENEOSカードのC(キャッシュバックタイプ)・P(ポイントタイプ)・S(スタンダードタイプ)について整理していきましょう。

C・P・Sで共通している部分

C・P・Sで共通している部分はこちら。

C・P・Sで共通している部分

・ENEOSで会員価格が適用される

・各種ロードサービスが無料で提供される

・カーコンビニクラブで5%オフ

・オリックスレンタカーやレンタカージャパンなどで10%オフ

・ポイントは1,000ポイント1,000円で使える(1,000ポイント単位)

 

特に各種ロードサービスが無料で提供されるは大きいですね。

口コミでも良い評価を受けています。

 

C・P・Sで異なる部分

C・P・Sで異なる部分はこちらです。

カード名 ENEOSカード C ENEOSカード P ENEOSカード S
タイプ キャッシュバックタイプ ポイントタイプ スタンダードタイプ
年会費 本人会員/1,375円(税込み/初年度無料)
家族会員/無料
本人会員/1,375円(税込み/初年度無料)
家族会員/無料
本人会員/1,375円※(税込み/初年度無料)
家族会員/無料
※年1回以上のカード(Apple Pay・QUICPay・ETC含む)のご利用で、次年度の年会費は無料。
ポイント - ENEOSなら3%、ENEOS以外なら0.6% カーメンテ商品なら2%、それ以外なら0.6%
ポイントの有効期限 - 2年間 2年間
値引き ガソリン・軽油
7万円以上利用→7円/L引き
5~7万円未満利用→5円/L引き
2~5万円未満利用→4円/L引き
1~2万円未満利用→2円/L引き
1万円未満利用→1円/L引き※ENEOS・ENEOS以外での1ヶ月間のカードご利用
(Apple Pay・QUICPay・ETC・家族カードご利用分を含む)
灯油
いつでも1円/L引き
ガソリン・軽油※1ならいつでも2円/L引き
灯油ならいつでも1円/L引き

 

最もお得なのはS(スタンダードタイプ)と言えるのはなぜ?

では、最もお得なのはS(スタンダードタイプ)である理由を解説していきましょう。

❶P(ポイントタイプ)が最も有利なように一見みえるけど、その前提は「ポイントをすべて使うこと」。ただ、ポイントの有効期限は2年間だけだし、1,000ポイント単位でしか使えないなので、すべてのポイントを有効に使えない。

まずはこの点を確認しましょう。

ポイント付与の部分をみると、P(ポイントタイプ)がENEOS利用で3%とかなり高いポイントとなります。

もし、仮にガソリン代が月1万円(1リットル130円で月72ℓ)使用したとすると結果はこうなります。

出典:https://campaign.ts3card.com/eneos/psc/shindan/

一見Pがお得ですが、その前提は「ポイントをすべて使うこと」。

ポイントってどうしても貯めたくなるのが人間の性で、なかなかうまく使えません。

また、ポイントの有効期限は2年間だけですし、1,000ポイント単位でしか使えないなので、ますますすべてのポイントを有効に使えないことがわかります。

 

❷S(スタンダードタイプ)であれば、常にガソリン・軽油ならいつでも2円/L引き、灯油ならいつでも1円/L引きなので、ポイントに還元せず常に値引きを受けられる。

これは大きい理由です。

ポイントは自分で使うことをしないといけないですが、S(スタンダードタイプ)であれば常にガソリン・軽油ならいつでも2円/L引き、灯油ならいつでも1円/L引きなので、ポイントに還元せず常に値引きを受けられます。

常に値引かれるので、ポイント利用よりも確実に得になります。

ポイントは1,000ポイント単位でしか使えず、有効期限が2年間ですから、よっぽど意識しないとすべてを利用するのは難しいです。

 

❸そういう意味では、C(キャッシュバックタイプ)もポイントに還元せず常に値引きを受けられるが、S(スタンダードタイプ)のほうがお得。

C(キャッシュバックタイプ)とS(スタンダードタイプ)を比べてみると、以下の通り。

カード名 ENEOSカード C ENEOSカード S
タイプ キャッシュバックタイプ スタンダードタイプ
年会費 本人会員/1,375円(税込み/初年度無料)
家族会員/無料
本人会員/1,375円※(税込み/初年度無料)
家族会員/無料
※年1回以上のカード(Apple Pay・QUICPay・ETC含む)のご利用で、次年度の年会費は無料。
ポイント - カーメンテ商品なら2%、それ以外なら0.6%
ポイントの有効期限 - 2年間
値引き ガソリン・軽油
7万円以上利用→7円/L引き
5~7万円未満利用→5円/L引き
2~5万円未満利用→4円/L引き
1~2万円未満利用→2円/L引き
1万円未満利用→1円/L引き※ENEOS・ENEOS以外での1ヶ月間のカードご利用
(Apple Pay・QUICPay・ETC・家族カードご利用分を含む)
灯油
いつでも1円/L引き
ガソリン・軽油※1ならいつでも2円/L引き
灯油ならいつでも1円/L引き

S(スタンダードタイプ)では年会費が無料にできるので、これ考慮すると実はSのほうがお得なのです。

Cタイプが有利になるのは、ガソリン・軽油の値引き額でSタイプよりも年間1,375円以上得になる状態にならないといけないですが、そのためにはカードを利用を月2万円以上にする必要があります。

毎月2万円以上使うのって結構大変ですよね。

他のクレジットカードも持っているでしょうし。

なので、Sのほうがお得といえるのです。

 

❹よって、S(スタンダードタイプ)1択になる。

ということで、3つの中だとS(スタンダードタイプ)1択になります。

ENEOSカードを申し込む(公式HP)

 

まとめ

ENEOSカードは、ENEOS利用者の方は持っていないと損するカードです。

そのなかでもS(スタンダードタイプ)が最もお得ですので、こちらを申し込みましょう。

ENEOSカードを申し込む(公式HP)

 

 

-お金, クレジットカード

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5