ブログ・Kindle本 文章術

【無料で読める方法あり】文章力を上げたいなら『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を読もう

文章力の重要性が高まっている

SNSの普及で、文章の重要性が高まりました。

「よし!書くぞ!」とPCに向かったものの、なぜか指が止まる・・・。

こういう経験がある方は多いのではないでしょうか。

 

今回紹介する「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読めば、その理由と対処法がわかります。

 

「文章力を上げたい」

「伝わる文章を書きたい」

「話すように書けるようになりたい」

 

このように思っている方の処方箋となる1冊です。

 

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』には何が書かれているの?

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」をざっくり要約すると以下の5つのことが書かれています。

 

❶そもそも文章とは何なのか?

⇒頭の中の「ぐるぐる(※)」を伝わる言葉に翻訳したもの

※「ぐるぐる」:頭の中にある、言葉にならないぼんやりとした”感じ”や”思い”

 

❷読みやすい文章に不可欠なリズムとは何か?

⇒リズムの正体は「論理展開」。

支離滅裂な文章は、文と文の「つなげ方」がおかしい。

 

❸文章はどう構成すればよいのか?

⇒文章の中に”主張”、”理由”、”事実”の3つがあるか。そしてその3つはしっかりと連動しているかをいつも意識する

 

❹読者を引き付ける要件とは?

⇒人は「他人事」に興味はない。

「自分事」にすることで納得させる。

 

❺編集するとはどういうことか?

⇒編集には「書きはじめの編集」と「書き終えてからの編集」がある。

・「書きはじめの編集」では、「なにを書くか?」ではなく「何を書かないか」を考える

・「書き終えてからの編集」では、「過去の自分と対話」するように論理性や細部の描写などをチェックする

 

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を読むメリットは何?

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読むメリットは3つあります。

 

メリット1:「文章が書けない!」理由がわかる

ブログを書こうとして、いざPCに向かっても

「文章が書けない・・・」

こういう経験ありませんか?

 

本書ではこの理由を説明してくれています。

本書によれば、「書こう」としているから書けないのです。

「書こう」とするのではなく、「翻訳しよう」と思うこと。

それが、大切だと述べられています。

 

これは私にとって大きな衝撃でした。

「書く」ことに対するそもそもの前提が間違っていたんです。

あなたにも、ぜひこの衝撃を味わっていただきたいです。

 

メリット2:文章は○○○が大事だと気付けたこと

それぞれの文は問題ないのに、文章としてつなげるとおかしい。

そういう文章を書きがちでした。

本書では、その理由を説明してくれています。

 

その理由とは、「接続詞」が意識できていないこと。

支離滅裂な文章は、文と文の「つなげ方」がおかしくなっています。

そのことをわかりやすく説明してくれています。

 

メリット3:読者の立場に立つだけでは不十分だと知れたこと

他の文章術の本を読むと

「読者の立場になって考えてみましょう」

という記載を見ることがあります。

 

でも、本章ではそれだけでは不十分で、『読者の「椅子」に座る』重要性を語っています。

 

なぜ「読者の立場になる」だけでは不十分なのか、

『読者の「椅子」に座る』とはどういうことか。

 

ぜひ本書を読んで確認してみてください。

 

実は、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を無料で読める方法があります

文章力を高めたい全ての人に読んで欲しい 「20歳の自分に受けさせたい文章講義」。

実は、これを無料で読める方法があります。

 

それは、「Amazon Audible」の無料体験をすること。

 

Amazon Audibleは、Amazon公式ブックオーディオサービスです。

Amazonアカウントを持っていれば、簡単に登録可能です。

『Audible版』をクリックすると、30日無料体験の登録画面に進みます。

 

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を無料で読む

無料体験が終わる前に解約すればお金は一切かかりません。
詳しくはこちらの記事をチェックしてみてください。

7,000円の英語教材を無料で入手する方法【Amazon Audibleに入るだけ】

 

 

 

 

-ブログ・Kindle本, 文章術

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5