お金 保険

独身の間の生命保険は、掛け捨てタイプで、自分の葬式代分の300万円の保障で十分だと気付いた話

独身の間の生命保険は、掛け捨てタイプで、自分の葬式代分の300万円の保障で十分

生命保険に加入している方は多いかと思います。

でも、独身の間はいくらの保障にしておくのがよいのか、また掛け捨てがよいのか貯蓄型のほうがよいのかいろいろ悩みが付きません。

保険加入についていろいろ検討した結果、以下の結論に至りました。

 

独身の間の生命保険は、掛け捨てタイプで、自分の葬式代分の300万円の保障で十分

 

私がそのような結論に至った理由についてお話ししていきます。

 

理由❶:死亡保障の目的は、残された家族が困らないために備えるものだから

そもそも生命保険の対象である死亡保障は、「残された家族が困らないために備えるもの」ですよね。

そうなると、独身の間は、「親に金銭的に負担をかけない」というのが死亡保障の目的となります。

 

独身の間に自分が死んだときに親が金銭的に負担するのは、「葬式代」ですよね。

 

で、一般的な葬式代は200万円~300万円程度と言われています。

ですので、死亡保障は、多くても300万円程度で十分と言えます。

 

理由❷:独身時代は収入が高くないため、貯蓄型だと負担が大きい

独身時代は一般的には20代~30代の間。

その間というのは、収入が高くないため、保険代も極力抑えたいですよね。

 

生命保険には「掛け捨て型」と「貯蓄型」があります。

「掛け捨て型」とは、満期や解約などを行った時に返ってくるお金がありません。その分、保険料が安くなります。

一方、「貯蓄型」は、契約者から預かった保険料を運用して返却する資金部分が盛り込まれているので、保険料が高くなります。

 

掛け捨て型生命保険のメリットは、保険料の安さです。

保障は掛け捨て型も貯蓄型も基本的には同じですが、家計に占める保険料の負担を少しでも減らしたい方に向いています。

よって、収入が少ない独身時代は掛け捨て型が良いという結論になります

 

理由❸:貯蓄型の利率は高くない

最後の理由は、貯蓄型の利率が高くないということです。

これは現在の日本の低金利が影響しています。

貯蓄型にお金を振り向けられる金銭的な余裕があるなら、私であればビットコインやS&P500に連動する投資信託を買ってより高いリターンを得ようと動きます。

ビットコインの買い方についてはこちらの記事をご覧ください。

ビットコイン投資っていくらから始められるの?【100円からはじめられます】

 

また、S&P500に連動する投資信託については、

・マネックス証券

松井証券

・楽天証券

・GMOクリック証券

などで買えますよ。

 

保険の見直しは、プロに相談しましょう

どの商品が最適か分からない人や、ご自身やご家族にとって今後必要となる保障を手に入れたい人は、保険のプロがいる保険相談所を利用してみることをおすすめします。

保険相談所もさまざまある中、どこで相談したらいいのかな?と迷われる人へ、無料の保険相談所おすすめ3選をご紹介します!

 

無料の保険相談所おすすめ3選

❶保険見直し本舗

全国300ヵ所以上の「保険見直し本舗」相談窓口で、生命保険に関する疑問や悩みをファイナンシャルプランナーに【無料】でご相談できます。

約40社の取扱保険会社の中から、あなたにあった保険プランを提案してくれます。

【保険見直し本舗に無料相談する】(公式HP)

 

 

❷保険コネクト

 

保険コネクトには、日本全国各地に保険のプロが在籍しています。

それぞれの保険に関して最適なプロを提案し、自分に合った保険を紹介してくれます。

【保険コネクトに無料相談する】(公式HP)

 

❸ほけんガーデン

 

皆様の不安や悩みを、ほけんガーデンプレミアのプランナーが安心に変えるお手伝いをしてくれます。

厳選された学資保険アドバイザーがご家庭に合ったプランを紹介してくれます。

【ほけんガーデンに無料相談する】(公式HP)

 

あわせて読みたい

【完全版】保険の見直しのタイミングとその方法は?損しない方法を徹底解説

 

 

 

-お金, 保険

© 2022 はるのビジネス力向上ブログ Powered by AFFINGER5